鹿児島に住む関西人のつぶやき

483)_城山ホテルの広東料理翡翠廳でランチを頂きましたよ( ^ω^ )/

豪華なランチ、久々に頂きましたよ

会社の創立何年という記念で、お食事券を頂きました。

そのお食事券も6月30日で期限切れになるということで、城山ホテルの広東料理のお店、翡翠廳(ひすいちょう)さんでランチを頂きました。

鹿児島の結婚式で最も豪華でお高い式場と言えば、やはり城山ホテルなのだと思います。

2012年3月3日、今から9年前の部署の後輩の結婚式出席に出席させてもらった際の写真が残っていました。

その日も天気は芳しく無く、桜島もガスガスで見えない状況でしたが、眼下に鹿児島の街が見下ろせる場所であることがよく分かります。そんな写真です。

チャペルでの結婚式にも参加しました。

もう9年経つのですね。

その結婚式の1ヶ月後の2012年4月1日、ムスコと温泉に入るために来ました。

確か2000円くらいする温泉です。

桜島を眺めて、鹿児島の街並みを見下ろしての温泉は鹿児島への旅行番組などでも使われる絵です。

この温泉に入りに来た時に、城山ホテル自体の写真も撮っていました。

西郷さんが最後に自決した城山に立つホテルはオレンジ色の姿です。

直近で、コロナが広がる前の2018年2月にも後輩の結婚式で来ておりました。

この後は、結婚式に行っていない様な気がしますが、1回あったかな。笑

今回は、その城山ホテルの広東料理のお店、翡翠廳(ひすいちょう)さんです。

ちなみに食べログで見ると、3.31です。

帰りに撮った写真ですが、翡翠廳さんの入口です。

11時の開店の5分前に到着しておりましたが、11時までは開かずの扉でした。

予約をしていたので、席に通されます。

席には重厚なお手拭きと除菌シートが配備されていました。

現在は耐震工事中なのか、建築作業用のシートが張り巡らされている状況なのですが、そこは高級店、ちょっと違います。

建築作業用のシートの内側に、通常見れる桜島の姿をプリントしていました。

これで、少しでも景色を楽しんで下さいという配慮です。

ビールはキリンの一番搾りと、アサヒのスーパードライがあり、しっかりと配慮されています。

私は一番搾りを頂きました。

一口飲んでからの撮影 御免なさい

そうして、前菜が届きます。

以下の6種類です。

ゴーヤの肉詰め

クラゲ

さやえんどう

大名竹

なんとか貝

ピータン

続いて、蒸籠蒸しの皮に、お肉を巻いて食べるやつです。

この皮がモチモチで美味しいのだと思います。

黒いのは、特製ミソで、これを巻いて食べるわけですが、なかなか美味しいものですよ

そしてフカヒレのスープ。

小さな豆腐と、ミンチも絶妙です。

エビチリも出さないといけません。

小さな器でしたが、エビチリもあります。

下は、カリカリに上げた衣が抜群のフライでしたよ。

さらに、アワビが出てきました。

アワビの下には茶碗蒸しが隠れている感じです。

緑の野菜もサクサクの食感でよろしいかと。

メインのお肉もありますよ。

山椒の香りが最後まで残ります。

チャーハンも豪華で、エビ、カニ、イカゲソ、金貨豚のハムと具沢山です。

XOジャンで、少し味が濃いめです。

ジャスミンティもキレイな色です。

味ももちろんGoodですよ

デザートは杏仁豆腐パフェ。

パンダの大福?もどうぞ。

しめて、7000円っていうところでしょうか?

分かりませんが、、、

ゴチになりました。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です