鹿児島に住む関西人のつぶやき

505)_キャンセルやむなし(T . T) 星野リゾート 界 霧島

残念ながら、キャンセルの判断となりました(T . T)

東京オリンピックのために設定されている4連休の7月22日から25日の中で、母親の傘寿、いわゆる満80歳のお祝いをしようと今年オープンした星野リゾート 界 霧島を23日、24日の1泊2日で予約しておりました。

その予約についてウダウダと書いたブログ記事がこちら↓↓

2部屋で、合計20万円を超えるという超贅沢なイベントなので、大変楽しみにしておりました。

しかーしです。

コロナが全然収まらない状況で予約した4連休を迎えるのは確かな状況となってきました。

推測になりますが、このままなし崩しで東京オリンピックは開催されることが、ほぼ明確になりましたが、その直前では海外からの選手や役員、報道陣などが押し寄せてくるために、必ず新規の感染者数は増えると予測されます。

そんな中に、年老いた母親を関西の滋賀から伊丹空港経由で、鹿児島に連れ出すというのはかなりリスクの高いことだと思ってしまいました。

さらに、母親と同居している私の姉は、田舎ですが、獣医師として動物病院を営んでおり、母親が関西圏内を移動し、伊丹空港から鹿児島に移動する際にコロナに侵される可能性はゼロではありません。

加えて、参加する私の子供、母親にとっての孫は福岡および熊本から参集し、一緒にワイワイガヤガヤと言って傘寿のお祝いの善を共にするので、知らず知らずのうちに娘か息子がコロナのキャリアとなっていて、お膳の席で母親にコロナを感染させる可能性も考えられます。

そんな懸念がある状況では、お祝いどころではありません。

断腸の思いでしたが、キャンセルすることにしましたよ。

3週間前までであれば、キャンセル料はかからないため、このタイミングで判断し、なんとかキャンセル料ゼロでキャンセルすることが出来ました。

とりあえず、良かったというのが率直な印象です。

ワクチン接種はしないという母親世代

世の中的には、65歳以上の高齢者のワクチン接種がどんどん進んでいるという印象がありますが、嫁の母親も、私の母親もワクチン接種をしないということで腹決めしている様です。

義母の言い分は、当に80歳を超えて、平均寿命近くまで到達している中で、わざわざ確率が低くといいつつも死ぬ可能性があるワクチンを打つ必要がないという考えます。

また滋賀の母親は、一緒に住む娘(私の姉)から、ワクチンを打っての副作用が全然報道されていないけどかなり出ているのでワクチンは打たない方が良いと指導されている様で、結論として、ワクチン接種をしない様です。

また、私の子供世代の若い20代から10代後半の人たちも、リスクの方があると考えてわざわざワクチン接種する必要はないと考える人が多い様です。

仕事上、めちゃめちゃ影響のある全日空や日本航空は、いち早く企業での集団接種に取り組んでいる様ですが、普通の仕事をしている私なんかとはかなりの温度差があると思います。

すぐにでも、また海外への貧乏旅行をしたいと思っている私の意見は、早く受けたいという気持ちで一杯です。

コロナ以前のごく普通の世の中に落ち着くのは一体いつなのでしょうか?

早く元の世界に戻って欲しいものです。

NHKのWEBサイトより引用 6月17日段階の新規コロナ感染者数

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です