旅行・登山・温泉に関する情報

661)_昨年11月訪問の与論島で、あれこれ その4

2021年11月26日 与論島→沖永良部島

新造船のクイーンコーラルクロスで与論島から沖永良部島へ移動です。

与論→和泊、990円、2時間の船旅です。

船内に入ると、本当に新築ピカピカです。

どこそこが輝いて、光っています。

運行情報のモニターもキレイです。

クイーンコーラルクロスが与論港に停泊中であることがよく分かります。

自由に座れるソファも沢山配置されています。

そんな中にある絵を発見。

釣りバカ日誌の北見けんいちさんのイラストでした!

まさに、「祝」です!!

デッキの外に出ると、ちょうど牛くんがフェリー内に運ばれているところでした。

牛くんはどこに行くのでしょうか??

写真では少し見づらいですが、ゲージの中に牛くんはいます。

牛くんも乗船したので、出発です!!

12時13分です。

青い空に、青い海。

与論港、さようなら〜〜〜

また帰ってくるよ〜〜〜

クイーンコーラルクロスには、ビューシートなるものがあります。

船長さんが乗られている席の下あたりにある、正面が見えるシートです。

コンテナを積み降ろすクレーンが邪魔ではあるのですが、真正面が見えるので気持ちの良い席になっています。

ここの席で昼食です。

お椀で食べるカップヌードルをいただきです。

与論を出て1時間ほど経った12時55分、下りのフェリーとすれ違います。

沖永良部島の和泊を12時に出港したマルエーフェリーのフェリーあけぼのです!

鹿児島と沖縄間は、乗船しているMARIX LINEと、すれ違うマルエーフェリーの2社が交互に1日おきで運行しているため、結果的に毎日のフェリー就航となっており、離島でありながら物量も豊富で、物価もそれほど高くない状況になっているのだと思っています。

今後とも2社体制で鹿児島と沖縄間の航路を守って頂きたいと思っております。

もう少し、クイーンコーラルクロスの船内写真の紹介です。

充実の酒類と、おつまみ達です。

アマミノクロウサギを代表とする奄美群島の生き物のイラストも掲示されています。

快適な新造船の2時間の船旅は、あっという間で、沖永良部和泊港に到着です。

14時前に到着しました。

短い船旅でしたが、ありがとうございました。

クイーンコーラルクロスに感謝です。

さて、さて、沖永良部島ではどこに泊まろうかな??

まずは、それが一番大事です。

宿を決めないと。。。

まずは、和泊市街へ向けて歩きます。

さてさて、どうなることやら。。。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。