鹿児島に住む関西人のつぶやき

561)_高校時代に毎日見ていたあの工場が売却されることに(T . T)

35年前は、NECの半導体工場でしたが、、、

昨日、8月31日のネットニュースで、ルネサスの滋賀工場が生産を停止し、売却されたことが報道されていました。

下記の記事です。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/a9be50af5931c8484f1e0e5a177fe76caa6b3459

このルネサス滋賀工場は、JR西日本の石山駅の目の前にあるのですが、私が高校生の35年前は毎日、その姿を見ていました。

本当に駅の前にあるのです。

高校までは歩いて20分以上かかるのに、駅前に大きな工場があるので、何となく違和感を感じて見ていました。

下記にJR石山駅周辺の地図を示しますが、琵琶湖が瀬田川に変わるポイント近くで、JR琵琶湖線や国道1号線、東海道新幹線、名神高速道路などが集まっており、交通の要所となっています。

そんな立地の良い位置に、JR石山駅の南側には大きな東レの工場、北側にはルネサスの工場があります。

さらに地図を拡大し、さらに衛星写真でも見てみます。

やはり、石山駅の目の前に工場があることが分かります。

ストリートビューでも見てみます。

地図に①と記載している矢印の矢尻の方向を見た画像です。

まだ、RENESASの大きな青い文字が見えています。

私が高校生の時は、NECの文字が書かれており、NECの半導体工場としてフル生産がされていた頃と思っております。

35年前のNECは、富士通、三菱、東芝、日立、松下などと共に日本半導体産業の一翼を担い、世界を席巻し全盛期でありました。

そんな強いNECの半導体工場を高校生時代に毎日見ていたのです。

その日の丸半導体も、おごれるものは久しからずで、あっという間に衰退し、あえて言うと弱者連合として、三菱、日立、NECの半導体部門の経営統合によってルネサスが生まれました。

そのルネサスも三菱、日立、NECでそれぞれが地方に持っていた小さい半導体工場を閉鎖して、リストラにつぐリストラの流れで、今回の滋賀工場の売却になったと勝手に思っています。

ルネサス滋賀工場の一部は、ロームに売却されているようで、地図上の②の矢印から見るとローム滋賀工場の大きな看板が見えます。

JR石山駅前のこの大きな半導体工場は今後どうなっていくのでしょうか??

維持するだけでもお高いと思われる石山駅前の半導体工場の今後の行く末を、高校時代に毎日眺めていた者として見届けていきたいと思います。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です