鹿児島に住む関西人のつぶやき

694)_ロシアのウクライナ侵攻はあり得るのか??

ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の新ロシア派支配地域を国家として承認( ´Д`)

2022年2月22日は、2並びでニャンニャンニャンの猫の日と平和な世の中とは打って変わって、ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の新ロシア派の地域「ドネツク」と「ルガンスク」を独立国家として認めてしまいました( ´Д`)

これは大変です!

ウクライナは二分され、東部地区は、ロシアが軍を派遣して2つの独立国の「平和を維持」するという動きとなる様です。

アメリカ、欧州の西側諸国からすれば、勝手にウクライナ東部の地域を独立国家と認めておいて、そこに軍が派遣されるということは、ウクライナに侵攻しているのと殆ど同じ状態とも言えるのです。

平和を維持するための軍の派遣という、平和ボケした日本人の私には理解に苦しむところがありますが、第3次世界大戦に近い様相になるという可能性も秘めており、恐ろしい限りです。

どさくさに紛れて中国が台湾を侵攻するって? (T . T)

そんなロシア軍のウクライナ侵攻のどさくさに紛れて、中国が台湾に侵攻するっていうことを書いているネット記事もありました。

ロシアの場合と同じ様に、「侵攻の正当性」を主張できる理由を作り出しての動きになると思いますが、万が一でもその様な状況になれば、私の大好きな与那国島もヤバイ感じです。

日本国最西端の地、与那国島から条件が揃えば目視で台湾が見えるというくらい近く、上記の与那国島の公園に書かれた地図からでも本当に近いことが分かります。

香港がイギリスから中国に変換された際は、一国二制度で現状を維持すると言われていましたが、あっという間に中国に飲み込まれて、民衆は何も言えない状況になってしまいました。

一般的な考えでは、ほぼ独立国となっている台湾に対して、他の第3国がチャイニーズタイペイ(=中国の一つの地域であるタイペイ)と言わないだけで文句を言ってくる中国なので、やはりスキあらば狙うというスタンスなのかもしれません。

平和ボケしている私にはどう信仰するのか予想もつきませんが。。。

さらにさらに、弾道ミサイルの実験を続けるあの国も、どさくさに紛れてくると大変です。。。

あの国もどさくさに紛れてくるかもしれません。

ミサイル実験を繰り返しているあの国です。

そんなことになると、まさに第3次世界大戦の様相です。

そんなことにはなってほしくないのですが。。。

ヤバイヤバイ状況を察して、2月22日の株価は軒並み下落です。

明日は祝日で株式市場もお休みですが、今の状況が更に悪化し、万が一の状況になったら数%の下落では済まなくなるのではないかと勝手に予測しております。

こんな状況なので、先日報告しておりますが、JAL株を一旦売っておいて正解でした。

オミクロン株の蔓延で嫌な日々が続いている中で、更に世界の秩序が崩れるような動きはやめて欲しいものです。

この先、どういう展開になるのか注目です。。。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。