ヨットX-99「Tide Over号」の記録

137)_馬毛島が政府に買われてしまいました (T ^ T)

鹿児島の馬毛島には160億円の価値が!

馬毛島をWikiで調べてみますと、下記の様に、鹿児島県西之表市に所在する人口0人の島であることが分かります。

また写真から、平らな島で、島を4等分するような十字のラインが見えます。

その位置は、種子島のすぐ隣で、周りには縄文杉の屋久島、火山噴火で全島避難もあった口永良部島もあり、更に三島村の竹島、硫黄島、黒島もあります。

その馬毛島が、政府に160億円で買われてしまったというニュースが出ています。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.sankei.com/politics/news/191129/plt1911290092-n1.html"]

 https://www.sankei.com/politics/news/191129/plt1911290092-n1.html

購入目的は、米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の実施拠点として使うためです。

空母の飛行甲板の代わりに陸上滑走路を使い、空母艦載機が発着艦訓練を行う米軍のFCLPをこの馬毛島で実施したいという意向の様で、実現されると、恐ろしい程の爆音が、周辺に響くことになると思います。

「いのとも」の活動拠点とリンクします。

この馬毛島周辺は、私「いのとも」の活動拠点とリンクしております。

下記は、私のiPhoneで撮影された写真の位置を示すものですが、5月の種子島カップヨットレースや、夏のミシマカップヨットレースで馬毛島近くまで行くことがあり、この島がどうなるのか、気になるところです。

屋久島は高校卒業旅行で行っています。

更に馬毛島周辺を見てみると、、、

馬毛島近くに5枚の写真があることが分かります。

馬毛島と種子島

今回政府に買い取られるまで、馬毛島は私有地で、無断で上陸することが出来ないのですが、ヨットであれば周辺までは行けるのです。

2018年の種子島カップヨットレースは、レーススタートから全く風が吹かず、1時間経ってもスタート地点周辺をふらふらしている状況であったことから、早々にリタイアしていました。

種子島から錦江湾に帰る途中、せっかくなので、馬毛島近くに行ってみようということになりました。

馬毛島周辺で撮影した写真の配置

そのうち、3枚を紹介致します。

まず1枚目。

馬毛島が目の前に

起伏が全くない、平らな島であることが分かります。

衛星写真で十字に見える部分は地面が見えており、馬毛島を所有していた「タストン・エアポート社」が滑走路を造成していた跡の様です。

更に近づくと、建物もいくつか見えてきます。

更に更に近づくと、5階建くらいのガラス張りのビルが建っているのも確認できました。大変立派な建物が建っているのです。

今回政府が購入することになり、今後どうなっていくのか気になるところですが、出来る限り毎年開催される種子島カップヨットレースに参加して、馬毛島の変化についてウォッチしていきたいと思います。

馬毛島の帰り、開聞岳近くで夕日を迎えました。

希望するのは基地の無い、穏やかな日々がいつまでも続くことです。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です