旅行・登山・温泉に関する情報

514)_JALマイルで、世界遺産登録まぢかの奄美大島、加計呂麻島の旅へ( ^∀^) その3

奄美大島宮古崎は、あの大河ドラマの撮影地です!

奄美大島の北側の海岸線を車を走らせ、上記の赤マークの位置まで来ました。

この宮古崎は、大河ドラマ「西郷どん」の撮影地です。

宮古崎を過ぎたところから大和村に入ります。

真下に見える国直海岸の海はエメラルドグリーンでした。

右方向に見えるのが「西郷どんの撮影地」の宮古崎です。

せっかくなので、遊歩道を歩いて、宮古崎の先端まで行くことにしました。

最終的、往復1時間、距離3.4kmのお散歩になりました。

それでは、宮古崎の景色をご覧下さいませ♪( ´θ`)ノ

遊歩道の途中に立派な展望台がありましたが、かなり老朽化しているようで、下側には入るなとなっています。

展望台の先が宮古崎となります。

更に進むと、リュウキュウチクで覆い尽くされた丘が現れ、大河ドラマのオープニングシーンが目に浮かびました。

多少、柵があるものの、ほとんど自然界のものしかない空間で、時代劇を撮るのにいい場所になるのだと思いました。

崖下にも降りられそうなので、海に近づいてみます。

大量のフナムシもいるのですが、カニも多く見られました。

カニを追いかけるのも早々にやめて、あの丘に戻ります。

宮古崎の紹介看板がありましたが、

この遊歩道ができる前は、タイワンヤマツツジが群生しており、季節によっては真っ赤な岬となった様ですが、遊歩道完成後は盗掘が進んでしまった様です。

また遊歩道を帰る際に、コロコロとしたうさぎ特有のウンチを発見しました。

これは、おそらく、クロさんのウンチだと思います。

こんなところにもいるのですね。

植生では、至る所に立派なソテツがあります。

その1つをご紹介。

後ろは、国直ビーチです。

また、アジサイ系だと思いますが、可愛らしいお花も発見です。

GoogleLENSで調べてみると、ランタナというお花であることを知る。

「アジサイとは全く別種で全体的に小さく花の色は派手」とWIKIにも紹介されていました!

この後、マテリヤの滝へ

宮古崎の次は、マテリヤの滝へ。

奄美大島でもこれだけの水量の滝があるのだと思いました。

この水を求めてなのか、糸とんぼがいました。

GoogleLENSで調べてみると、Ebony jewelwingという種類みたいです。

米国やカナダに生息するイトトンボということなのですが、奄美大島にいましたけど。

マテリアの滝の後は、この旅の最大の目的の1つである「しま山100選」の1つである湯湾岳に登ることに実行を移しました。

湯湾岳登山については次回に報告させて頂きます。

そこでは奇妙な生き物と会うことが出来ましたよ。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です