旅行・登山・温泉に関する情報

599)_霧島ゆ旅、大関に昇進です♪( ´θ`)ノ

霧島市の温泉40ヶ所をめぐり、霧島ゆ旅大関に昇進です!!

Oozeki Championになりました。

残り10ヶ所で、横綱です!

大関を決める40ヶ所目の温泉は、霧島キャッスルホテル

20201年10月23日、会社先輩より呼び出しがあり、キャンプに行って来ました。

バーベキューをする前に、一緒に温泉に行きましょうと、霧島ゆ旅でまだ行っていない霧島キャッスルの日帰り温泉に行くことにしました。

前回9月20日来た際は、全館休業ということで、日帰り温泉に入れなかったのです。

今回は、緊急事態宣言解除後ということもあって、泊まり客もたくさんおられましたよ。

日帰り温泉のお値段は550円と、このあたりのホテル系の日帰り温泉ではかなりお安い方になります。

霧島国際ホテルは800円

霧島観光ホテルは1,000円

のはずですから。

受付カウンターで550円を支払い、ゆ旅の写真を撮って、大関となる40ヶ所の温泉達成です。

大浴場へ行こうとすると、30人以上の人が入っているので、しばらくロビーでお待ち下さいとストップが掛かりました。

お土産も結構な種類がありました。

できるだけ、ホテル内でお金を落としてもらいたいということなのだと思います。

ロビーには、ソーシャルディスタンスを保つために、座っては行けないソファに大きなクマのぬいぐるみが置かれていました。

単純に、着座禁止の張り紙をするよりは、このスタイルの方がなごむので、いい印象です。

混雑は解消されましたと声がけをいただき、大浴場に向かいます。

地下通路を通って、温泉に向かいます。

その地下通路も、洒落おつでした。

プロジェクションマッピングでした。

下記の円筒形がプロジェクターのようです。

小さな感動がありました。

露天風呂と内湯が分かれており、直接露天風呂と内湯の行き来はできないので、露天風呂だけに入ることにしました。

手前が男風呂で、奥が女風呂でした。

小さめの露天風呂ですが、真っ白いお湯なので、温泉気分が上げ上げになります。

熱めが好きな私にとって、お湯は少しぬるく感じましたが、温泉なので後からはポカポカでしたよ。

後から、内湯も少し見学しましたが、かなり大きな内湯でした。

リーズナブルな価格なので、次回は内湯に行ってもいいかなと思っています。

大関を申請し、500円の申請料で景品を頂きました♪( ´θ`)ノ

霧島観光協会の事務所に行って、大関を申請しました。

500円の申請料で、景品が頂けます。

前回の小結はアカスリタオルでした。

今回の景品は、500ml入らないくらいの小さな保温ボトルでした。

きりしま ゆ旅のプリントがされています。

商品を入れる袋にもアヒル隊長が大きくプリントされています。

PILOTから商標権を得るために、そこそこのお金を出しているものと思いますが、人を雇うよりはいいのかもしれません。

アヒル隊長は、不祥事も起こさないし。

今回で大関に昇進し、残り10湯になりました。

年内に横綱になれるように、お休みを使って温泉に浸かっていきたいと思っております。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です