旅行・登山・温泉に関する情報

149)_2019年の年末は家族で台湾でした(^○^)その3

 その1 https://kansaijin46.com/trip/147_2019年の年末は家族で台湾でした○/

 その2 https://kansaijin46.com/trip/148_2019年の年末は家族で台湾でした○その2/

18時前に九份到着です。

十分(シーフン)でのランタン飛ばしを終え、30分ほどで九份に到着です。

ジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われる九份は、赤提灯が似合いますので、夜に訪問するのがポイントです。

年末の九份は、もの凄い混雑を予測していましたが、予想以上に混んでおり、人、人、人の状態でした。

九份の入り口と言えば、セブン・イレブンの横を通る小道なのですが、人で溢れかえっています。

九份の入口

ストリートビューワーで、同じ場所を見ると下記の様な感じです。

下記も、かなりの人ですが、年末の夜の九份は満員電車の様相でした。

ストリートビューワーの九份入口

満員電車の様相は、下記の写真でわかるのではないでしょうか?

赤提灯が並ぶ小道に、隙間なく人で埋まっています。

年末の九份

ドライバーさんの後ろについて、突き進むのみです。

道の先まで満杯です!

そして、人気のある坂道を下ります。ここになると一歩降りるのに、30秒かかる様な状況です。

九份で人気の坂道

道幅が2メールない細道に沢山の人々が集まって来るのです。

何が良いのか分かりませんが、ドライバーさんについて行きます

そして到着したのが、阿妹茶樓(あめおちゃ)。

有名なお茶屋さんです。

雰囲気のよい、阿妹茶樓(あめおちゃ)

お茶が飲みたいとお願いするとドライバーさんが空席確認に行ってくれ、座席をゲットすることが出来たのです。

せっかくなので、阿妹茶樓(あめおちゃ)でお茶を飲むことに

何種類かの茶菓子がセットされたお高いお茶コースを頂きます。私は、どーでも良かったのですが、ムスメさんが阿妹茶樓(あめおちゃ)でお茶を飲めたと喜んでいたので、オヤジとしては上出来です。

4種類のお茶菓子を一緒に台湾茶を頂きます!
阿妹茶樓(あめおちゃ)さんのテラス席の様子

お茶を楽しんだ後、九份を後にします。

九份からの夜の眺望では、イカ釣り漁船の明るい光がいくつも見える状況です。

九份からの眺望
青線が歩いたルートです

こんな年末の台湾九份ですが、どこから来ている人が多いのか、、、

日本人も多いのですが、それ以上、2倍以上は韓国の方々の様です。

というのも、現在の日韓関係の中、日本に旅行しづらい風潮の中、近場の台湾に相当数の韓国人が流れているということの様です。

日本に来る韓国人が減ったと思いきや、増えているところもある訳です。

20時30分くらいまでゆっくりと九份の夜を楽しみ、帰りも満席のバスで帰る必要もなく、列に並ぶこともなく、チャーター車で台北のホテルに送って頂きます。

途中、台湾101という高層ビルのライトアップが見えました。

明日は、台湾101かなと思いつつ。

台湾101が見えました!

今回、少し贅沢にチャーター車で、十分と九份を巡りましたが、結果としてよかったです。満席のバスに、列を作って並んで、座れない場合は1時間ほど立ちっぱなしとなっていたら、クレームになったことと思います。

そんな思いの中、年末台湾家族旅の1日目が終わっていくのでした。

つづくと思います。(^ー^)

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です