旅行・登山・温泉に関する情報

187)_喜界島&奄美大島ガイド 【その9】喜界から奄美へ

⑨ 喜界島から奄美大島への移動手段は?

奄美大島へ渡る前に、喜界島での出来事について、まだ紹介できていないことがあるので、紹介させて頂きます。

❶ 喜界島の朝日

来島前の天気予報は、毎日雨でしたが、ありがたいことに下記の様な、ご来光を望むことが出来ました。

動画を撮ることが出来ました。

3分を超える動画ですが、是非ご覧下さい。

ご来光を見たポイントは、百之台公園です。

展望台
JOGのおかげで、早朝に百之台公園まで移動出来ました

❷ 喜界島の夕日

喜界島へ入った日の夕日です。島を循環するバスと一緒に。

2020年2月12日の夕日 先山付近

夕日のビューポイントである荒木中里遊歩道に着く前に、陽が落ちてしまいそうなので、手久津久付近の海岸線に出て、夕陽を撮影しました。

  2020年2月12日の夕日 手久津久付近の海岸線
2020年2月12日の夕日 手久津久付近の海岸線

翌日の夕陽は、荒木中里遊歩道で見ることが出来ました。

遊歩道の欄干の一部が、ものすごい状態で壊れていました。台風か何かで破壊されたものと思います。自然の力は恐ろしいです。

破壊された欄干の痕

しばらくして、洛陽がキレイに見えてきました。

雲が多くありますが、ありがたい景色です。

❸ 喜界空港に着陸するJAC機、離陸するJAC機

鹿児島空港から到着のJAC3785便です。2020年2月12日

離陸の動画は、2020年2月13日、奄美行きのJAC3834便となります。

夕日に向けて、飛び立っていきます。

ここからようやく、本題の「喜界島から奄美大島への移動手段は?」となります。

喜界島から奄美大島への移動の手段は、行きと同じ飛行機を使うという手もありますが、せっかくなので早朝5時発の奄美大島行きのフェリーを使うことにしました。

延泊しましたが、もともと乗船予定だった2020年2月13日の「フェリーあまみ」の出港についても、様子を見に行くことにしました。

フェリー あまみ

30分間の停泊時間で、フェリーに設置されたクレーンで、コンテナがいくつも降ろされていました。また、スロープを使って、フォークリフトが船内に入り、コンテナを運搬していました。

このフェリー便によって豊富な生活物資が運ばれてくるのだと思います。

翌日の2020年2月14日は、喜界島を離れる日です。

4時起きで準備をして、ココネドコのゲストハウスを出発します。歩いて15分程度で、港に到着です。

離島には指名手配者が逃げてくるのでしょうか?
フェリーターミナルには、Free Wi-Fiあります。

名瀬までの料金は2棟で3,400円です。飛行機の1/3の価格です。

入港時間は4時30分ですが、まだフェリーは到着していません。45分になって、ようやくフェリーが見えてきました。

フェリー到着後の下船者は20人ほどでした。

乗船も同じくらいです。

フェリー船内は?

食堂エリア
2等船室
船内にはシャワーもあります

結局、2等船内には入らず、レストランの席に座って、2時間ほどのフェリータイムを過ごしました。

無料のWi-Fiがあるため、どこでもディーガを使って「アメトーク」を見ていたらあっという間でした。

奄美大島、名瀬が見えてきました

名瀬港

2020年2月14日7時18分、下船です。

その時の写真ですが、前方に吉野家と書かれたトラックが下船しているのが分かります。意外なところで再開することになります。

吉野家と書かれたトラック

下記に続きました。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です