旅行・登山・温泉に関する情報

290)_鹿児島冠岳に登りました(^○^)その2

登山口から冠岳(西岳)まで12分!

前回、西岳神社の鳥居を抜け、参道に入ったところまで報告しました。

鳥居から山頂までの途中に、天狗岩なる看板がありました。

真っ直ぐが冠岳、右に天狗岩の道標

右に曲がると、すぐに天狗岩が!

天狗岩

この天狗岩は、推定60トンとも言われており、人間では手に負えない大きな重さなので、天狗が運んだということから名付けられた様です。

近くに天狗岩について書かれた看板がありました。

天狗岩の看板

その天狗岩に立って、眺望を楽しみます。

恐らく金峰山と思われる山と、東シナ海、そして写真にはうまく写すことが出来なかったのですが甑島も見ることが出来ました。

中央のお山が金峰山かな?
野間岬、野間岳方面と東シナ海

麓の鳥居から山頂までわずか12分であっという間の登頂です。

冠岳山頂です(^○^)/

天狗岩から、少し歩くと山頂の鳥居が見えました。

少し開かれているところが山頂の様です。

山頂手前の最後の上り
山頂の西岳神社鳥居

ここは、山頂が神社というお山でした。

標識はこちら↓↓ 標高516mです。

冠岳(西岳)山頂

山頂からは、天狗岩同様ですが、金峰山と吹上浜のカーブを望むことが出来ます。

天気の良い日であれば、開聞岳も見えるのかな?

ここまで容易に登れるのでまた来れたらと思います。

最後に、パノラマ写真を撮影です。

冠岳山頂からのパノラマ写真

山頂まであっという間だったので、写真だけ撮影し、休憩することなく、そのまま先に進みました。

ここから材木岳まで、緩やかな尾根を伝います。

途中、大樹に全体に小さな葉を持つ植物がへばりついている姿を見て、写真を1枚撮りました。

大樹

そして、8時半には材木岳に到着です。

看板がありました。

材木岳の看板

山頂には祠があります。

祠の裏に回ると眺望が開けています。

材木岳山頂の祠
祠の裏は、絶壁

岩肌が露出した材木岳の山頂から、先に登頂した冠岳(西岳)のピークが見えます。

冠岳山頂方面

冠岳山頂から、車を駐車した徐福像方向を見ると徐福像とヴェゼルを確認することが出来ました。

下記の写真では分からないので拡大します。

徐福像方面
拡大することで何とか確認できると思います

徐福像とヴェゼルを確認出来たときは少し嬉しく、駐車場の中でもたまたま置いたあの位置だから見えたと思った次第です。

少し休憩した後、まだまだ元気が残っていたので、この先の中岳、東岳をピークハントすべく、進むことにしました。

つづく。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です