旅行・登山・温泉に関する情報

303)_ひとり歩け歩け大会「熊本城周辺散策」その3

ようやく、熊本城の天守閣へ

わくわく座の熊本城VRプレゼンの後、実際の熊本城天守閣を見るために、特別見学通路へ向かいます。

熊本城ののぼり旗がゆらめく階段を上がり、特別見学通路へ。

熊本城ののぼり旗
特別見学通路は、空中回廊です!
3m幅以上ある特別見学通路

特別見学通路を歩いていくと左に、熊本地震で石垣が崩れたままの状態が見られます。

熊本地震によって崩れた石垣

更に進むと左手に天守閣が顔を現しました。

手前の石垣も地震で崩れており、更に崩れないように白いフェルトの様なものでカバーされ、その上にコンクリートが被された様な仮補修がされていました。

地震で崩れた石垣の向こうに天守閣

地震の影響が目立たない様に写真撮影することも可能です。

下記の写真であれば、地震のことは分からないと思います。

熊本城の天守閣

実は、天守閣周辺も復旧作業が続いており、天守閣隣には大きなクレームがあるのです。

天守閣の隣には巨大クレーンが、、、

空中回廊越しの天守閣の姿もどうぞ。

開門したばかりの朝一番ですが、観光客の方もおられます。

空中回廊越しの天守閣

もう一度、地震などなかった様な姿をどうぞ。

立派な石垣です。

石垣と天守閣

また、空中回廊の右を見ると、崩れた石垣がそのまま放置されており、地震の恐ろしさを伝えておられるのだと思います。

既に、各石に番号がうたれており、時期がきたら再度組んでいかれるものと思います。

崩れた石垣

更に進むと、回廊のエレベーター地点へ。

この回廊バリアフリーになっており、大変お金が掛かっていることも容易に分かります。

回廊途中のエレベーターポイント
エレベーター上部から空中回廊を見る

上段に登って、城をくぐります。

ここをくぐらないと、天守閣側に行けない構造となっており、難攻不落と言われた熊本城の特徴でもあります。

熊本城の一部をくぐります (暗がり通路)

この暗がり通路、結構な長さがあります。

30mくらいあるでしょうか。

暗がり通路

これが熊本城の天守閣だ(^○^)/

大天守と、工事中の小天守。
天守閣前の土産物売り場 テントの屋根が面白いです
今回歩いたコース
左から宇土櫓、小天守、大天守

次回が加藤神社からゴールの「湯らっくす」までの最終回となります。

ここまで読んで頂き有難うございます(^○^)

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です