旅行・登山・温泉に関する情報

324)_夏山満喫! 九州のキャンプ聖地を拠点に九重8座ピークハント(^。^) その1

鹿児島出発で1泊2日九重連山を満喫する旅に出ました(^。^)

鹿児島に来て25年の関西人「いのとも」です。

この夏はコロナ蔓延で、初めてお盆の帰省をやめました。

GWも帰省自粛しており、半年以上実家に帰っていない状況です。

5年前に父親が他界してから、特に長期休みは母親が待つ実家に帰ることを心がけており、半年帰省していない状況は初めてです。

早いうちからANA早割でチケット予約しておりましたが、仕方なくキャンセルをしております。

そんな帰省を中止した中で、2人の職場先輩が九州キャンプ地の聖地である「坊ガツル」に行きたいと言われていたので、山行ですが、水先案内人として「坊ガツル」を起点とした登山を計画しました。

2人とはGWの高隈御岳(たかくまおんたけ)以来の山行となります。

2人は初めてのテント泊登山で、重い荷物を背負っての山行の経験がありません。

また、私「いのとも」も坊ガツルは昨年11月に1度だけしか行っていないところなので、前回と同じ「長者原」から入るルートを選択しました。

結果、充実した素晴らしい山行となりました( ^ω^ )

初めてのテント泊登山となった職場先輩2人にとっても、私にとっても大変充実した山行になりました。

この「坊ガツル」というベースキャンプ地は、九州の聖地と呼ばれるだけ、本当に良い場所だと思いました。

周囲に九重の山々が鎮座し、歩いて15分のところに法華院温泉山荘があり、立ち寄り温泉があり、冷えた缶ビールがあるという、初老オヤジには最高のロケーションでした。

YAMAPにも書かせてもらいましたが、更に詳細に当ブログで今回の夏満喫山行について、紹介させてもらいます。

8月12日、朝5時に鹿児島を出発!

職場先輩のセレナe-powerに乗せてもらって、九州自動車道「溝辺鹿児島空港IC」から「熊本IC」まで2時間ちょっとでスイスイと走れました。

国道57号線に降りてから、阿蘇に入る「赤橋」は、4年前の熊本地震で崩壊したままで復旧しておらず、ミルクロード経由で阿蘇に入ります。

「赤橋」の正式名は「阿蘇大橋」で、詳細は下記 URLのwikiを確認下さい

  https://ja.wikipedia.org/wiki/阿蘇大橋

その「赤橋」も、2021年3月には復旧予定の様です。

ミルクロードから阿蘇の街並み

9時30分、長者原に到着

9時30分に長者原に到着しました。

8月12日という平日であったためか、コロナの影響か長者原の駐車場は開きが多くありました。

早速、登山の準備をして、「坊ガツル」を目指します。

セレナ e-POWERと先輩2人

長者原のモンベルショップで少し買い物をし、10時に登山開始です。

いざ、「坊ガツル」です。

つづく

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です