旅行・登山・温泉に関する情報

338)_33年ぶりの屋久島、レンタルバイクで150km走りました( ^ω^ )その1

お宿の「里村」に帰って夕食です( ^ω^ )

平内海中温泉からの帰り、Aコープ尾之間店に立ち寄り、晩飯の買い出しをしました。

このコロナ禍でアルコールの入る居酒屋へ行ってしまうと、気分良くなり周りの方々とおしゃべりしたりと3密状態になってしまい、感染のリスクが跳ね上がってしまうと考えたからです。

美味しいお魚もたくさんあると思いますが、ここは我慢の子です。

ここでも支払いはPayPay。

喜界島、奄美大島でもそうでしたが、離島でもPayPayです。釣り銭の用意が不要になったりとお店側のメリットも大きいのだと思います。

ここで、お宿のお部屋紹介です。

2つのベットがある個室です。

本来3600円でもお安いところ、GoToキャンペーンで35%OFFの2340円です。前夜が板間の小屋だったので地獄から天国です。

広々として共通の談話室もあって、冷蔵庫やオーブンなど使い放題です。

コーヒーや焼酎三岳も呑み放題とのことです。

夕食は自室で頂きました。

値段が丸見えで恥ずかしいですが、318円の冷し中華と、284円の助六寿司です。のどごしのロング缶を飲みながら頂きました。

疲れ疲れて、それほど食欲もなく、お酢の効いた冷やし中華と寿司がちょうどいい感じでした。

屋久島の離島でもお安い価格で売られており、物価はそれほど高くない印象です。

この日はロング缶ビールを2本呑んで、エアコンを効かせてベットでおねむとなりました。

3時から行動しており、長い長い1日でした。

2020年8月22日、屋久島3日目です

隣の部屋の方は、朝早いバスに乗られて、登山に行かれました。

私もつられて、6時過ぎには起きてしまい、山中で食べるはずであった食パンを使ったサンドイッチを2食分作りました。

1つは談話室で、コーヒーを飲みながら、今日はどこへ行こうかと地図を眺めながら食べました。

もう1つは昼食にすべく、アルミホイルに包んでお弁当にしたのです。

徹底したコストカッターです。

サービスで付いているクロワッサンは食べずに、持ち帰りました。

まずは、安房近くの春田浜の海水浴場へ

南の離島に来たら、まずは海水浴場に行かねばと、安房近くの春田浜へ。

そこにもコロナ対策が記載された看板があり、な、何と「海水浴場の閉鎖」の文字が!!

赤字で「遊泳はお控えください」と記載され、ご協力お願いいたしますの文字が続いています。

例年なら、地元の子供たちの憩いの場所になっていると思われる春田浜が、今年はコロナで遊泳禁止。寂しい夏となりました。

足くらい海につけたいとの思いで、行動に出てしまいました。

足をつけただけでも海のキレイさが分かります。黒潮の中に浮かぶ屋久島なので屋久島の海はいつもキレイなのだと勝手に思いました。

安房森林軌道トロッコ発着所

続いて来たのが、山中を走っているトロッコの発着所です。

今でも現役で使えわれているそうです。

走る時は登山客にトロッコ道から降りてもらうのでしょうか?

走っているところを見たい気持ちです。

新品の丸太木が高積みされており、丸太木の交換などを頻繁にされていることが分かります。

また、ここから安房川に掛かるオレンジ色の橋が見えました。

後ろのお山はなんでしょうか? 明星岳でしょうかね

街中には至る所に南国の花々が! (^。^)

南国の特徴の一つに花があります。

上記の6枚の写真もごく一部で、ブーゲンビリアも色の違うものがいくつもあり、目を楽しませてくれます。

花々が南国情緒を醸し出しています。

屋久島一周がしたいと思っていましたが、、、

今回の旅ではレンタバイクで、屋久島1周を実現したとも思っていたのですが、下記のナビ地図によれば、永田付近の道路は3カ所通行止めになっています。このことから、周回をあきらめ、山の中を走ろうと昨日降りて来た淀川登山口まで原付で行ってみる事にしました。

ナビでは、安房から22km、約45分の工程と表示されました。

実際に進んでいくと、工事中、通行注意の表示板が出て来ました。

そして、明星岳展望台(標高330m)に到着。

バイクから降りて、一応展望を楽しみです。

右端のとんがった山がどうも明星岳の様で、トロッコ発着所から見えたお山と同じです。

更に、山道を進むと右側に大きなハートを発見!

崖崩れの崩落跡がハートになっているではありませんか!

これで3つのハートを見つけました!

嬉しくて、twitterにつぶやいしてしまいました。

そのハートの崩落跡の前で、屋久島のお猿さん達はハートフルでした。お互いのノミを取ってあげているのか、アスファルトの道の真ん中で毛づくろいです。

優雅なものです。

人間もマッサージは好きですが、お猿もかなり気持ちいいようで、悦に入っています。

ヤクスギランドを過ぎて、更に奥に進むと昨日バスを乗ったバス停近くにある紀元杉に到着です。

バス停の写真も撮りました。

昨日はここら辺を走ったのですから、大したもんです。

この後、バイクで山を降りて、屋久島南にある2つの大きな滝に向かう事にしました。

次回にてご紹介させて頂きます。

ここまで読んで頂き、有難うございました。

つづく。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です