旅行・登山・温泉に関する情報

541)_プレミアム付き「かごしま旅クーポン」が販売されることが7月9日に発表されました( ^∀^)

2021年7月7日に屋久島フリープラン4日間の旅を決めてから、プレミアム付き「かごしま旅クーポン」が販売されました

2021年7月7日に、「今こそ鹿児島の旅」の5000円給付割引で屋久島のフリープランを申し込み、東京オリンピックの特別4連休を屋久島で過ごすことを決めていました。

その2日後の7月9日に、鹿児島県より更なる観光振興のクーポンが発行されることになりました。

それは、ぐりぶークーポンと同じようにLINEを使った旅行クーポンでした。

コロナで疲弊した観光業への振興のために鹿児島県の施策でした。

7月10日になって、「かごしま旅クーポン事業公式サイト」なるものが立ち上げられて、おおよそその全貌が分かってきました。

鹿児島県民限定の旅クーポンでした。

利用者向けのページには、鹿児島の観光地の写真が4つ並んでいました。

下記の写真がそうなんですが、左には奄美大島のマングローブカヌーの写真。

右上は噴煙上がる桜島を空撮した写真。

右真ん中は、ダイヤモンド桜島で、桜島の山頂から朝日が登る姿。

右下は、行ったことがないので推測になるのですが、おそらく甑大橋の姿と思います。

更に次のページにも鹿児島の観光名所の写真が続いています。

上には、垂水の道の駅に設置された足湯と、そこから見える桜島の姿です。

左下は、沖永良部島の洞窟の写真で、私も2021年3月に訪れています。

そして右下は、種子島宇宙センターから発射されるロケットの姿です。

それらの写真の前に、「密を避けて、スマートに旅しよう!」とのコメントがあります。

それ賛成です。

更に、「旅行の代金が、電子クーポンでお得に!!」とのメッセージ。

ありがたいことです。

それに乗っからせて下さい。

その中身はというと、以下の内容でした。

かごしま旅クーポンは、1口5,000円分のクーポンがお安く購入できるというクーポンで、

鹿児島県本土への旅の場合は、5,000円のクーポンが半額の2,500円で購入できるということなんです。

つまり、旅行に使えるクーポンが半額で購入できるということなんです。

鹿児島県は大盤振る舞いです。

更に更に、奄美群島を除く離島地域、すなわち、屋久島、種子島、甑島への旅行に使えるクーポンについては、5,000円のクーポンが2,000円で購入できるのです。

更に更に、もう1回、更に、奄美群島への旅クーポンは、5,000円のクーポンが1,500円で購入できるというものすごいクーポンなのです。

これは購入するしかありませんよ。

2021年7月12日の11時から発売開始でしたが、、、

平日月曜日、7月12日の11時からのクーポン券発売開始で、会社よりお昼休みに購入しようと試みましたが、サイトが混在しており繋がらず、購入出来ませんでした。

仕事が終わってから自宅より、購入を試み、ようやく7月の4連休で訪れる屋久島で使えるクーポン券をゲットすることが出来ました。

3口まで購入できるということで、6,000円の支払いで15,000円分使えるクーポンをゲット出来たのです。

つまり、9,000円お得となるということです。

12日に販売開始された旅クーポンですが、7月12日の23時の段階で、鹿児島本土のクーポン、奄美群島のクーポンは売り切れていました。

下記の離島①クーポン残高15,000円分というのが、購入できたクーポンなのです。

そんなクーポンですが、屋久島の「民宿 山水」2泊分の宿泊費用15,120円に対して使うことができ、1泊3000円で2食付きのお宿に泊まれたという結果になりました。

大変お得に過ごすことが出来ました。

そんな「旅クーポン」ですが、8月6日(金)には、利用自粛の連絡が来ました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況が「ステージⅢ」に引き上げられたためです。

私のように、すぐさま旅クーポンを使うことが出来た人の方が少ないと思いますが、いずれにせよ、コロナは早く終息してほしいという思いだけです。

また、再販されることも期待しております。

次回から、その屋久島旅行について、ご報告となります。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です