旅行・登山・温泉に関する情報

650)_きりしま’ゆ旅’横綱へ王手、49湯目はみやまホテルの日帰り温泉( ^∀^)

2021年の年末は目まぐるしい日々でした!

2021年12月12日に48湯目の「旅の湯温泉」に訪問したことを報告させて頂きました。

そして、横綱となる50湯まであと2湯となり、どこの温泉で横綱を迎えようかということを吐露するブログも書いておりました。

そんな中、2021年最後の土日で2湯訪問すべきと思っておりました。

そして、その日はやってきました。

2021年12月25日土曜日、クリスマスの日です。

翌日の日曜日は気温が下がり、雪も降って荒れるという天気予報でしたので、土曜日に登山口まであまり通る車が少ない林道を走る必要がある、大幡山周辺に行くことにしました。

この山旅の様子は別途ご報告させて頂きますが、天気も良く、奥きりしまを堪能することが出来ました。

その山旅を終えたのが14時過ぎで、そこから急いで、旅行人山荘に向かったのですが、到着は15時5分でした。

残念なことに、旅行人山荘さんの日帰り温泉は15時までに受付完了していないと入れないのです。

きっちりとNGをくらい、この日の旅行人山荘さんでの49湯目の達成は出来なくなりました。

残念。

あきらめが悪い私「いのとも」は他に入れる温泉がないかと調べて、まだ未入浴の「みやまホテル」さんの日帰り湯があることを突き止めました。

WEBサイトには、基本は15時までの受付ですが、空きがあれば入らせてもらえるということが書かれていましたので、電話にてお願いをして、すぐに行くので是非とも入浴させて欲しいと嘆願しました。

嘆願の甲斐あって、1つ空いていた「花房の湯」に入れて頂くことが出来たのです。

駐車場にはシマウマさんやキリンさんがいます(^。^)

みやまホテルさんの温泉は、全く初めてで、駐車場に車を停めてびっくりです。

まずは、シマウマさん。

かなり精巧に作られたシマウマが駐車場入り口にいます。

奥には、背の高いキリンさんもいます。

話題作りのために、子供たちが喜ぶように置かれているものと推察されます。

ホテルの受付で料金をPayPayで支払い、個室風呂のカギをもらいます。

料金は800円。

1時間ですが、個室で800円はお得です。

花房の湯がありました。

カギを開けて、中に入ります。

前室は大きめで、十分キレイです。

扉を開けて温泉へ。

シンプルな浴槽1つの温泉ですが、気兼ねなく一人で入れるのはGoodです。

北側に大きな開放感のあるガラス窓があります。

温泉は掛け流しで、少し熱めのお湯が出っ放しです。

スライド式の扉をあけて、外気に触れることが出来ます。

もちろん、景色も見ることが出来ます。

正面が、みやまホテルの受付がある建物です。

トラの後ろ姿も見えます。

足を伸ばして、湯船に浸かると、奥きりしまをロングに歩いた疲れも吹っ飛びます。

気持ちの良い温泉となりました。

1時間弱、ゆっくり温泉を堪能してお帰りです。

帰る際に湯元を確認すると、湯気が沸き立っていました。

掛け流しで、お湯流しっぱなしでも問題ないことがよく分かります。

もともと予定にもなかった「みやまホテル」の日帰り温泉ですが、なかなかナイスな温泉でした。

他の個室風呂にも入ってみたいので、またチャンスがあれば伺いたいです。

この「みやまホテル」の温泉で、きりしま’ゆ旅’の49湯を達成しました。

残り1つで横綱です。

横綱への大手となった「みやまホテル」温泉のご紹介でした。

 http://www.miyama-hotel.jp

霧島みやまホテル 電話番号:0995−78−2655

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。