旅行・登山・温泉に関する情報

168)_新型肺炎によりアンコールワットツアー中止を決断(T ^ T)

来週からのアンコールワット”がん見”ツアーの中止を決断。大損害です!

このブログでも勝手につぶやいていましたが、アンコールワットを”がん見”したいという思いを書き綴っていました。

 141)_世界遺産アンコール・ワットをガン見したい(°▽°)/

その思いを行動に移すべく、ヒソヒソと来週2月8日から高飛びの計画を立てておりました。

幻となったプーケット&バンコク&アンコールワットツアー
密かに計画していた東南アジアツアー

しかしながら、コロナウイルスの蔓延により、香港は危険地帯の一つとなっており、 残念ながらアンコールワット”がん見”ツアーの中止を決断しました。

残念。

無念。

もちろん、航空機の予約済みで、LCCなので返金なしです(T ^ T)

鹿児島から上海に飛んでいる中国東方航空は、2020年2月4日に来月3月28日まで、鹿児島ー上海線を欠航させると発表しています。

上海ー鹿児島便の欠航を知らせる新聞記事

中国東方航空以外にも、JALやANAも中国向け便の欠航を発表している様ですが、私が予約しているLCCの香港エキスプレスは、今の時点で欠航の発表はありません。

つまり、この段階でキャンセルしたら、全て航空運賃はパーとなってしまうのです。

下記は、鹿児島ー香港の往復予約の内容で、料金は18,580円です。

鹿児島ー香港の往復航空券

2月8日の16時10分に香港上陸し、翌日のプーケット行き7時55分までどう過ごすかという課題がありましたが、香港とマカオ間に開通した橋を渡ろうとも考えていました。

香港からプーケットまでは、10,660円なり。これもパーです。

プーケットの宿泊については、agodaの予約サイトにて結構高いホテルを予約していました。これもキャンセル効かずで、2泊の料金は戻ってきません。

そのお値段12,168円。先払いで、キャンセル効かず。

プーケットの宿泊予定のホテル

プーケットでゆっくりリゾートした後は、会社の後輩が出向しているバンコクに入る予定でした。プーケットからバンコクは、LCCのViet Jetで移動予定で、こちらも予約済み。

こちらは、まだ日本円換算されていませんが、USドルで49.53。

1ドル、110円で換算して、5,448円です。

Viet Jetの予約エビデンス

この後のバンコク宿泊については、流動的であったので予約は取っておらず、助かりました。

そして、バンコクからアンコールワットがあるシェムリアップはバス移動の予定でした。

このバスも予約までに至らず。シェムリアップの宿も予約前。

しかしながら、シェムリアップから香港までのエアーは予約済み。価格は9,782円なり。

シェムリアップから香港のフライト予定

香港着が22時55分で、翌日の鹿児島への帰国便が7時55分なので、空港のラウンジで過ごす予定で、宿泊費はゼロです。

エアー5便、ホテル2泊のキャンセルで被害額は、、、

鹿児島ー香港のLCC香港エキスプレス往復チケット料金18,580円
香港ープーケットのLCC香港エキスプレス片道チケット料金10,660円
プーケットのホテル料金12,168円
プーケットーバンコクのLCCベトジェット片道チケット料金 5,448円
シェムリアップー香港のLCC香港エキスプレス片道チケット料金 9,782円
合計被害額56,638円

私に取っては、結構デカイ被害額です。

それでも、強行突破で旅行を終えても、その後が怖いですね。

今回の新型肺炎にかかってなくても、中国、香港、その周辺に行って来たというだけで、周りから人がいなくなる様な状況になると思います。

もう一度リベンジで、上記の様な周遊プランを組みたいと思いますが、いつの日になるやら。

最後に、少しでもお金を回収する作戦があるので実行に移したいと思います。

キャンセルの効かないLCCですが、税金やサーチャージ、空港使用料は返却される可能性があるとの情報を入手しています。

大逆転は、香港エキスプレスの鹿児島ー香港が欠航となり、全額払い戻しとなることなのですが、それは無いかな。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です