旅行・登山・温泉に関する情報

267)_蔵王岳の帰りは龍門滝温泉で入浴( ̄▽ ̄)

予定通り、蔵王岳の帰りに龍門滝温泉へ

蔵王岳登山の帰りに、2020年5月14日にリニューアルオープンした龍門滝温泉に寄って来ました。

上記の情報は、5月21日付の南日本新聞で得ていました。

新聞報道によると、これまでの循環式から源泉かけ流しに変更した様で、改修費も約3.5億円と、姶良市もお金を掛けています。

それでいて市営ということもあり、300円の低価格。

これは行くしかないと、行って参りました。

温泉のある建物の前にはわずかしか車が停められないので、網掛川を挟んで対岸にある駐車場に停めます。

龍門の滝は、この網掛川に流れ込みます。

網掛川と奥の龍門滝温泉
大きなソテツ?が入り口に鎮座しています。
建物の前はロータリーで巡回バスも立ち寄る様です

入浴料300円を支払い、いざ温泉内へ。

男風呂は1階で、女風呂が2階という作りです。

一階の男風呂の扉は開けっ放しでしたが、コロナの感染防止のために風を通しているとのこと。

コロナの前では、なんでもありとなっています。

さすがに2階の女風呂の扉開けっ放しはないと思いますが、、、

男湯の扉は開けっぴろげ

中に入るとキレイな脱衣場が!

誰もいないので、ちゃっと写真撮影です。

龍門滝温泉の脱衣場
洗面台

さすがに、リニューアルして2週間なので、どこもピカピカでした。

浴室内は、お昼過ぎと言う時間でしたが、私の様に新聞を見て駆けつけた様な方々が多かったです。

浴室のタイルが細かい溝の入った最新タイルで、足触りが大変気持ち良いです。

また、サウナは、コロナ感染防止のため3人以上は入らない様にとの注意を促す張り紙がありました。

中はヒノキの板張りで最高でした。

サウナの中のTVが、ちょうど大河ドラマの「麒麟がくる」を放送しており、日曜日にしっかり見ていたので2度目の視聴になりましたが、何度見ても面白く、新しいサウナの中でたっぷりと汗をかくことが出来ました。

龍門滝温泉の湯船 ガラスの向こうに龍門の滝が!!

沢山の人がいましたが、絶妙なタイミングで人がいなくなりましたので、湯船の写真を撮ることに成功しました。

ガラスの向こうには、龍門の滝を望むことが出来ます。

龍門の滝もガン見して来ました。

龍門の滝

温泉上がりに、裏手の龍門の滝の見学もしました。

雨が少ないのか、滝の流れも細々としています。

この細々した滝ですが、大雨が降ると恐ろしい滝に豹変します。

高速道路からもびっくりした流れになっているのが見え、驚いたことを覚えています。

今回、10年くらいぶりに龍門滝温泉に来ましたが、大変キレイに生まれ変わっているのを確認出来ましたので、また来ようと思う「いのとも」でした。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です