旅行・登山・温泉に関する情報

469)_GWに奄美大島・加計呂麻島に行こうと計画していましたがキャンセルしました(T ^ T)

3月に行った与論島・徳之島・沖永良部島が思い出深くて

鹿児島県と鹿児島県観光連盟が主催し、最大2万円の補助金を出してもらえる「今こそ鹿児島の旅」というキャンペーンにまんまと乗っかり、2週連続で、鹿児島の離島を巡りをさせてもらいました。

どの島もそれぞれに特徴があり、遊ぶ気があれば何でも楽しめる島々で本ブログでも色々と紹介させて頂きました。

そんな調子乗りすぎている状態で、GWもまたまた行きたいと思い、前回の奄美大島旅行で行けなかった加計呂麻島をメインとする上陸作戦を計画していました!

ずっと1人旅であったので、今回は何度となく一緒に旅行している先輩を誘って2人旅としました。

鹿児島県民向けプレミアム宿泊券「かごしま旅クーポン」

鹿児島では上記のような県民向けプレミアム宿泊券が発売されていました。

コロナ禍ということもあり、そんなに売れるものでないと勝手に思っており、4月7日に旅行会社に連絡すると、とっくの昔に完売しておりますとのつれない返事でした。

12月26日まで使えるということで、先行買いの旅行クーポンとして購入される方も多かった様です。

このプレミアム宿泊券を買えると思っており、またまたお安く加計呂麻島に行けると思い、その気分になっておりましたので、買えないから旅行をやめるという思考回路にはならず、何としても行こうという思いになり、GWの割りに安めのツアーを見つけたので、申し込むことにしました。

4月8日に申し込み、4月9日に予約確定の連絡を頂きました。

鹿児島から往復スカイマークで、奄美大島でのホテル付きで、ひとり28,700円でした。

GWという割高になるタイミングで、補助金なしのツアーとなると結構なお値段になってしまいます。

それでも加計呂麻島でカタマランのヨットツアーを申し込もうか、青の洞窟ツアーに申し込もうかと、いろいろと考えながらワクワクしていたのですが、急転直下の4都府県への緊急事態宣言発令です。

東京、大阪、兵庫、京都とは直接関係はないのですが、やはり連日コロナ感染者数が増え、緊急事態宣言が出ている中で万が一の感染というのが恐ろしいので、4月17日にはキャンセルを掛けることにしました。

20%のキャンセル費用が発生しましたが、マン万が一でもコロナに感染したら、それどころではありません。

影響は深刻です。

残念でしたが、正しい判断ができたと思っております。

GW直前の今になって、奄美大島の1泊2日のツアー料金を確認するとGW明けの価格は、GW期間の最大1/5くらいとなっています。

シングル1名1部屋の場合ですが、5月3日は50,600円掛かるのですが、5月6日以降は曜日に関わらず、わずか10,500円です。

土日で旅行しても10,500円です。

更に、またまた「今こそ鹿児島の旅」の第2弾がキャンペーン告知されており、補助金が出る可能性が高い状況となっています。

コロナ関係のリスク低減のために、やはり一人旅の方が良いのかなとも思っています。

2人で旅行に行けば、一緒にマスクなしで食事を取って、会話すると思います。

それがなければ2人で旅行に行った意味がなくなります。

現在のコロナ禍ではやはり、旅行に出るとしても他へ迷惑をかけないように一人旅とするのが得策なのだと思ってしまいました。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です