旅行・登山・温泉に関する情報

909)_2023年の初日の出は日本百名山の韓国岳で♪( ´θ`)ノ

おそらく初めての鹿児島での年越しです!

新卒で鹿児島に配属されて毎年毎年、年末は実家の滋賀に帰省してきたと思うのですが、今年は鹿児島に残って年越しすることにしました。

大きな理由はないものの、コロナ明けで一気に帰省者が増えて往復の空路、電車が爆発的に多くなるのではないかという勝手な予測と、娘が社会人になって初めての正月で、親元として鹿児島に残る決意という感じです。

そんな鹿児島での年越しですが、折角なので初日の出は韓国岳で迎えることにしました。

大晦日の紅白歌合戦もお酒を一滴も飲まず、夜中の出発に備えました。

橋本環奈さんの素晴らしい司会の紅白を見終えて、#ゆく年くる年。

下記のNHK鹿児島のTwitterにて#霧島神宮の姿が放送されるということで、こちらも楽しみでした!

#ゆく年くる年での放送では、#霧島神宮の九面太鼓の様子が伝えられました。

霧島神宮では、下記のような九面が売られています。

なかなか、良い面だと思いますので、是非どうぞ。

大きい方でも1万円なので、良いお土産になるものと思います。

ライトアップされていましたが、夜の社殿が放送されていましたので、昼間の姿をどうぞ。

下記です。

また、霧島神宮は大鳥居が印象的です。

夜の鳥居をまず。。。

昼間の大鳥居もどうぞ

天気が良いとその後ろに高千穂の峰が見えるのです。

鹿児島にお越しの際は、霧島神宮へ是非立ち寄り下さい。

その際、時間がありましたら、美味しいうなぎを食べて下さい。

オススメの鰻屋さんはこちら↓↓

#ゆく年くる年の放送後は、「おもしろ荘」です。

#ちゃんぴおんずの優勝を見届けて、自宅を出発です。

2023年1月1日、2時を回ったところです。

1週間前のクリスマスでは、韓国岳の登山口である「えびの高原」につながる県道1号線がチェーン規制で通行することが出来ませんでした。

その後の天気が良く、新年の通行では問題なく通行でした。

それでも路肩にはかなりの雪がまだ残っていましたが。。。

3時過ぎに「えびの高原」の駐車場に到着。

7時16分の日の出に対して、出発するには早すぎるので、5時まで仮眠です。

ヴェゼルにベッドを準備していましたので、ゆっくりと快適睡眠です。

寝酒をもってきたら尚よかったという思いでした。

5時のアラームで目を覚まし、日の出登山に出発です。

えびの高原」のトレイは最強です。

トイレに大型ヒーターが設置されていて、洋式便器も温められていました。

スタート時の駐車場は満車状態でした。

初日の出登山をする人がこんなにいるとは思いもよりませんでした。

初日の出登山のルートはこちら↓↓

えびの高原から韓国岳のピストンコースとなります。

登山道に入って、雪はたっぷりありました。

本格的な雪山状態です。

そして、先行して登る人がたっぷりでした。

いつも山登りしていない人がゆっくり、ゆっくりと登っておられて、渋滞になっているのです。

雪山を登る姿でない人もおられて、少し心配になるくらいでした。

タイミングを見て、パスをしていきます。

雪の渋滞道でしたが、約1時間で山頂です。

休憩なしで余裕で登れましたが、山頂での自撮りの姿を見ると中々の疲れ具合です。

よく頑張りました。

1,700mの山頂に到着は、6時17分。

本当に1時間でした。

また、日の出は7時16分なので、ここから1時間待ちとなります。

西の高千穂峰方向の空はこの状態です。

少ーし、水平線が赤くなったところです。

6時21分の様子です。

6時25分の姿。

高千穂峰の姿、イイですねー

大浪の池方面、錦江湾と桜島の様子はこちら↓↓

寒さに耐えながら日の出を待っていると、次から次に登山者が登ってきます。

登山者のシルエット。

赤く燃える姿を捉えた写真もどうぞ。

やはり1時間の待機で寒く、寒く、カッパの上下を追加で着ました。

フェイスガードも装着です。

目の前に老夫婦が鎮座されました。

後から来て、人の目の前に来るって、どういう神経でしょうか??

下記の写真で毛糸の帽子の方です。

前の方が映らないように撮影となります。

7時13分に太陽が顔を出しました。

2023年の初日の出です。

合掌

そして、大浪の池と桜島方向の様子。

赤く燃える韓国岳の山肌です。

この姿を見て、帰ることにしました。

良い一年になりそうです。

山頂の沢山の登山者の皆様の姿は下記YouTubeを確認下さい。

ピースをしている子は知り合いではありません。

下りはチェーンスパイクで快適な歩きとなりました!

韓国岳のお鉢には雪がたっぷりありました。

その姿こちら ↓↓

下り途中で見た大浪の池の姿はこちら↓↓

5合目の休憩所も通過です。

5合目から北側には市房山のピークが見えました。

3月には市房山のトレランにチャレンジします。

下りはチェーンスパイクを付けて降りました。

雪にスパイクの刃が刺さり、気持ちよく歩けます。

雪はたっぷりです。

ストックを持ってくるのを忘れましたが、特段の問題はありませんでした。

8時過ぎに下山完了です。

初日の出登山を満喫することが出来ましたよ!

韓国岳の方向を確認です。

駐車場には除雪した雪が山になっていました。

駐車場は満車です。

これだけ多くの車の方々が初日の出登山をされていたということなのです。

8時過ぎの段階では、駐車場から太陽は見ることができず、まだ影になっています。

韓国岳の頂から太陽が出てくるのを待っても良かったのですが、早く帰って温かい温泉に浸かりたいという気持ちが強く、えびの高原を後にしました。

霧島市に戻って、岩戸温泉に浸かること出来ました。

元日からオープンしている温泉があり助かります。

360円の至福の時でした。

2023年、いい登山で幕開けすることが出来ました。

今年は日本百名山30座くらい登れればと思っております。。。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です