旅行・登山・温泉に関する情報

340)_33年ぶりの屋久島よ、さようなら、ありがとう(^○^)/

安房から空港へバスで移動!

今回の屋久島の旅ですが、移動は路線バスと徒歩、レンタルバイクの3種類でした。

利便の悪い離島の移動でタクシーを一度も使わずに旅行することが出来ました。

高校を卒業したばかりの18歳の我々が訪問した前回の屋久島では、淀川登山口までもタクシーで移動し、下山時も荒川登山口からタクシーで平内海中温泉まで移動しました。

お金のない18歳でも、それ以外の移動手段がないのでタクシーを使うしかないと思っていました。

今回、登山への行きも帰りも路線バスで移動することができ、コストパフォーマンスの高い旅行となりました。

区間移動手段価格
屋久島空港 ー 小原町バス510円
小原町 ー 白雲雲水峡バス500円
紀元杉 ー 安房バス960円
レンタルバイク 1泊バイク3850円
バイク ガソリン代570円
安房 ー 屋久島空港バス430円
合計6820円
屋久島の交通費一覧

レンタルバイクの費用も含めて6820円で、かつ、待ち時間も殆どなく、効率的に回ることが出来ました。

確度の高い計画を立てていたために、ほぼその予想通りの動きとなりました。

安房からバスに乗り、14時半に空港に到着です。

屋久島空港 (2020年8月20日撮影)

空港について、屋久島便のタイムスケジュールが目に入りました。

下記の様に、鹿児島以外の直行便では伊丹と福岡しかないことが分かりました。関東からの直行便がないことを知りました。

鹿児島便は5便となっています。

私が着いた14時30分過ぎは、福岡便の到着が終わり、お客さんの移動が全て終わった時間帯で、ひっそりしていました。

ここから出発の16時35分まで、丸々2時間ある状況でした。

屋久島空港の出口

空港でお土産購入です。まんぞく商品券を全て使わないと!!

空港に早めに来たのは、お土産を購入するためです。

まんぞく商品券も全て使わないと無効になってしまいます。

ヨメさんの実家をあつく対応する必要がありますので、まずはオヤジさん向けに屋久島限定の焼酎を選びました。

本当に限定なのか、鹿児島本土でも買えるのかもしれませんが、上記の水の森を買って帰りました。

お母堂様には、食べ物が良いかと思い黒糖ピーナッツです。

実は実は、ヨメからもリクエストがあり、2袋購入しました。

そして、嫁へはヤクスギのストラップです。

確か800円だったと思います。

ムチャ高いです。

ヤクスギだけに。

そして、33年ぶりの屋久島で自分へのお土産はTシャツにしました。

苦労して登ったお山がプリントされたチャコールグレーのTシャツです。

その後、飛行機が来るまで空港レストランでお茶してました!

お土産購入しても、まだ1時間半ほどあり、誰もまだ来ていない状況ですが、レストランでお代わり自由のドリンクバーでアイスコーヒーを頂いておりました。

YAMAPへの投稿などをしていたらあっという間に、時間がすぎていきました。

そんなところに、アナンウンスが入りました。

「屋久島空港周辺が視界不良のため、鹿児島からの到着便が遅れます」

このアナンウンスがあり、定刻から30分ほど遅れることになりましたが、

鹿児島空港からの飛行機が到着しました。

レストランの窓からその姿を確認することが出来ました。

さあ、本当にお別れです。

屋久島よ、さようなら、そしてありがとう、

鹿児島行きの飛行機に搭乗です。

飛行機に搭乗し、窓からは屋久島の山々を見ることが出来ました。

空港から宮之浦岳まで見えるのか分かりませんが、大きな洋上アルプスと言われる山並みは見ることが出来ました。

そして、離陸。

真っ白い雲を縫う様にフライトされている様に思えました。

わずか30分ほどのフライトです。

そして、見覚えのある景色が見え始めました。

霧島市国分の城山公園の灯台と観覧車、運動場などが見えて来ました。

全ての日程が終わり、無事鹿児島空港に戻ることが出来ました。

33年ぶりの屋久島の旅は、非常に中身の濃いものになりました。

改めて言いますが、今回の鹿児島ー屋久島の往復の飛行機は、6000マイルのマイルのみです。

言い方悪いですが、タダで乗っている様なものです。

JALの回し者でありませんが、鹿児島在住の方は、このマイル特典で行ける「どこかにマイル南の島」は、ガンガン活用すべきサービスだと勝手に思っています。

前回の奄美大島往復と、今回の屋久島往復にて2回利用させて頂きましたが、現在JALマイルはすっからかんですが、また6000マイルをためて、3回目の南の島に必ず行きたいと思っています。

以下は、過去の「どこかにマイル南の島」の紹介ブログです。

3回目は、与論島がいいのですが、、、

残念ながら、このサービス、行き先は自分で決められず、JALさんにおまかせなのです。

いつの日か与論に行きますよ! 絶対!!

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です