旅行・登山・温泉に関する情報

312)_夏休みも使える!!JALどこかにマイルを申し込みました(^○^)/その1

コロナ感染広がる中、夏休みをいかに有意義に過ごすのか考えてみた

Yahoo! JAPANの新型コロナウイルス感染症まとめのページによると、本日7月28日の全国の新たな感染者数は992人となり、過去最多となったことが報告されています。

私いのとも が住む鹿児島で初の死者が出て、私いのともの出生地である滋賀県湖南市で初の感染者が出た様です。

滋賀県のホームページに、滋賀県の157例目の感染者として、下記の様な調査結果が周知されていました。

滋賀県湖南市のコロナ発症患者に関する情報

濃厚接触者としては、同居の家族5名だけで、その他については調査中とのコメントとなっていますが、発熱発生以降の7月20日から7月24日の5日間は出勤されていたとのことで、会社にも複数名の濃厚接触者がいるものと容易に推察されます。

また、大阪も1日あたり過去最多となる155人の感染が判明しており、お盆の帰省は中止すべきかなと考えています。

NHKニュース防災より引用

実は、8月8日(土)のANA552便で滋賀に帰省を考えており、7月の早い段階から早割でチケットを取っていたのです。

8月8日の鹿児島ー伊丹のチケット

通常であれば、早割で取った割引チケットは搭乗日の変更はできないのですが、コロナ禍の特別対応として、変更ができる様です。

ANAのコロナ禍特別対応

良かったと思ったの束の間、この特別対応は国際線だけの様です。

どうももともと変更できない国内線の早割チケットは、コロナ禍であろうとも出来ない様なのです。

ウルトラCは、政府から緊急事態宣言が出て、飛行機に乗れなくなるくらいのことがないと、恐らくこのままでは約1万円のチケットが消え去る様な雰囲気です。

アンコールワットの旅もコロナの影響で消え去りましたが、またもやです。

こんな胸糞悪い時は、3密を避けられるお山に逃げないと(°▽°)/

コロナ蔓延の中、夏休みを有意義に過ごす為には、やはり県内で過ごすということで鹿児島離島へ6000マイルで往復できるJALさんの「どこかにマイル南の島」に頼ってしまいます。

アンコールワットに行けなくなり、仕方なく「どこかにマイル」で奄美大島に飛び、かなり楽しい時間を過ごすことができ、そのことは15回に渡ってブログで紹介させて頂きました。

その1のみリンクを貼り付けました

今回も夏休みを有意義に過ごす為に、またまた「どこかにマイル南の島」にチャレンジすることを決めました。

マイルは何とかかんとか、6,000マイルがありました。

いつもの様に、3つの行き先からJALさんが勝手に決めるルールです。

今回の3ヶ所は、徳之島、屋久島、奄美大島の3つでした。

作戦としては、徳之島であれば、なかなか行けない場所なのでそれもいいかとの思いで、屋久島であれば、高速艇トッピーでの上陸でも良いのですが、6,000マイルのみで無料で行けるというところが超魅力的で、屋久島が当たる可能性が高いと思いながら、30年ぶりの宮之浦岳登山もいいかなとの思いでした。

最後の奄美大島となれば、2月と同じになるので、一目散に加計呂麻島に行くということで腹が決まりました。

さてさて、「どこかにマイル南の島」でどこが当るのか、次回に「結果発表」をさせて頂いますます!

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です