旅行・登山・温泉に関する情報

361)_西表島は再び縦走がしたいと思っております( ^ω^ )

今月末の石垣旅行の計画を組んでおります(°▽°)

10月24日から31日まで石垣方面への旅行を計画しております。

GOTOに乗っかる算段です。

今のところ、24日に福岡から石垣に飛び、そのまま与那国まで行く予定です。

石垣17時50分の琉球エアーコミューターの飛行機で、18時25分には日本最西端の島、与那国島に立っている予定です。

天気が良ければ、そのまま日本最西端の地で、夕陽を見届けたいと勝手に思っております。

与那国島では、「モスラの宿」にて2泊する予定です。

 https://yonagunimosura.cloud-line.com

GOTOトラベルで高い宿の割引額が大きくなるので、高い宿から売れているとの噂もありますが、寝るだけなので質素な宿を好む「いのとも 」ですが、モスラの宿でも2泊7000円のところが、GOTOの割引で4,550円となる予定です。

与那国島から石垣へは行きと同じく琉球エアーコミューターで帰ります。

その足で、石垣から西表島へ船で渡ります。

その晩の宿泊まで予約完了です。

西表島のお宿は、「海人の家」です。

ここもGOTOの割引で、4,500円のところが、2,950円の予定となっています。

GOTO様様です。

この「海人の家」で1泊過ごした後は、西表島の縦走をしたいと思っており、計画中です。

YAMAPでも何人もの方が西表島縦走を報告されています。

引用:YAMAP 西表島縦走の一例

実は実は、28年前に西表島縦走しているのです( ^ω^ )

そんな西表島縦走ですが、今回行ければ2回目となります。

28年前に大学生の春休みに経験済みなのです。

アルバムに幾つかの写真がありましたので、振り返ってみました。

まずは、石垣島から西表島への移動する高速船をバックに参加4名での記念写真です。

1992年3月 あまり天気が良くありません

現在は、石垣の離島船着場も相当キレイになっていると思いますので、楽しみです。

西表島に上陸後、船浦営業所での1枚は、どうも雨が降って雨宿りをしている感じです。

「狭い西表そんなに急いで何処え行く」の表示が今もあるのでしょうか?

ここから、タクシーで遊覧船乗り場へ行ったのかな覚えておりません。

遊覧船乗り場から軍艦岩まで、ジャングルクルーズの船で距離を稼ぎます。

引用: 浦内川ジャングルクルーズWEBサイト

浦内川のクルーズ中の写真もありました。

どんよりした天気のもと、ジャングルに入って行くのが怖い感じです。

今回行く時は、とにかく晴れとなってくれることを祈ります。

1人だし。

軍艦岩で船を降ります。

ここから正にジャングルです。

マリュドゥの滝の姿は28年前も、今も変わらないかもしれません。

マリュドゥの滝をバックに撮影しているメンバーは、28年経っているので大きく変わっています。

私には、同じ様な年の娘、息子がいるのですから、、、

87年1月1日の日付は、当時使用のカメラのデフォルトの値です。

シダ植物が撮影したかったのかな。

西表島縦走途中で、テント泊をしています。

この夜の唯一の記憶は、ものすごい点滅速度で光るホタルと思われる生物がいたことです。今ならiPhoneでビデオ撮影出来るのですが、当時は目に焼き付ける事しか出来ません。

疲労困憊の様子でジャングルを歩き、ようやく人工物の標識を発見し、嬉しく記念写真を撮ったと記憶しています。

ジャングルっぽい写真を撮りたかったのだと思いますが、よく分かりません。

そして、ゴールの展望台です。

疲れきっている様子です。

今回は、荷物最低限で朝一番から日帰りで縦走予定です。

現在は縦走の道筋には、ピンクリボンの目印がある様です。

毎週、毎週10km以上の山登り、ウォーキングを継続しています。

年は51歳となっていますが、1人自分のペースで歩いてきたいと思っております。

ABOUT ME
いのとも
鹿児島に赴任し20年以上暮らしてきた関西人の経験を踏まえたお得な情報を発信するブログです。知っているのと知らないのでは大違いな事を沢山経験してきましたので、お得情報のお裾分けが出来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です